公益社団法人映像文化製作者連盟
| 映文連アワード2015 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | HOME |
WHAT'S NEW
映文連アワード2014 主催 公益社団法人映像文化製作者連盟
開催要項マニフェスト第1次審査について受賞作品の決定表彰式受賞作品上映会


映文連アワード2014受賞作決定!


(公社)映像文化製作者連盟が主催する「映文連アワード2014」の受賞作品が決定しました。

 映文連アワードには、「コーポレート・コミュニケーション部門」、「ソーシャル・コミュニケーション部門」、「パーソナル・コミュニケーション部門」の3つの部門があり、本年度は3部門合わせて146作品のご応募がありました。

 これらの応募作品は、経験豊かなプロデューサー・ディレクターによる1次審査、さらに映画監督や広告関係者、映像評論家の方々(白土謙二氏、恩田泰子氏、安藤紘平氏、渡部実氏、岡田秀則氏、日向寺太郎氏、御法川修氏 他)による2次審査を経て、このたび、最優秀作品賞(グランプリ)1作品、文部科学大臣賞1作品、経済産業大臣賞1作品、優秀作品賞(準グランプリ)3作品、部門優秀賞各5作品、審査員特別賞1作品、優秀企画賞7作品、パーソナル・ドキュメンタリー賞1作品、優秀クリエイター賞1名が決定しました。

 「映文連アワード2014」の表彰式は11月17日(月)午後1時半から国立新美術館講堂(東京都港区六本木7-22-2)において開催し、受賞者に賞状とトロフィーが贈られます。
 受賞作品上映会は11月18日(火)・19日(水)の両日、「International Corporate Film Showing 2014」とともにシネマート六本木(東京都港区六本木3-8-15)にて開催致します。


【お問い合わせ先】
公益社団法人映像文化製作者連盟
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町17-18 藤和日本橋小網町ビル
TEL.03-3662-0236 FAX.03-3662-0238
E-mail:info@eibunren.or.jp


《グランプリ表彰》

最優秀作品賞(グランプリ)

 『すばる望遠鏡 Hyper Suprime-Cam 世界最大の補正光学系開発』 13分
  製作:(株)イメージサイエンス クライアント:キヤノン(株)


文部科学大臣賞

 『秋桜の咲く日』 34分
  製作:東映(株) クライアント:北九州市、北九州市教育委員会、北九州市人権問題啓発推進協議会


経済産業大臣賞

 『Grand Seiko PV 人生時計』 2分52秒
  製作:(株)東北新社 クライアント:セイコーウオッチ(株) 代理店:(株)エリートジャパン


優秀作品賞(準グランプリ)

 ○『鬼来迎 鬼と仏が生きる里』 38分
   製作:(株)桜映画社 クライアント:(公財)ポーラ伝統文化振興財団

 ○『UBUGOE』 25分
   製作:(株)電通クリエーティブX クライアント:九州朝日放送(株) 代理店:(株)電通九州

 ○『ひとまずすすめ』 30分
   柴田啓佑(DREAM MARKET)


《部門表彰》

<コーポレート・コミュニケーション部門>

部門優秀賞

  ○『リクルートポイント 「すべての人生が、すばらしい。」篇』 2分
   製作:パドル(株) クライアント:(株)リクルートホールディングス 代理店:(株)電通

  ○『もう一つの「はやぶさプロジェクト」(前編)(後編)』 24分
   製作:(株)CNインターボイス クライアント:(株)日立製作所
   代理店:(株)日立ドキュメントソリューションズ

  ○『BASELWORLD2013 CITIZEN “FROZEN TIME” 120日間の記録 
   〜The time begins to start〜』
 8分20秒
   製作:(株)HIROBA クライアント:シチズン時計(株) 代理店:(株)アサツー ディ・ケイ

  ○『東京モーターショー2013 ダイハツブース プロモーション映像
    KOPEN/DECADECA/FC凸deck』
 10分
   製作:(株)電通テック クライアント:ダイハツ工業(株) 代理店:(株)電通

  ○『Wonders! by Panasonic 看板篇』 1分10秒
   製作:(株)モンタージュ クライアント:パナソニック(株) 代理店:(株)SD

<ソーシャル・コミュニケーション部門>

部門優秀賞

  ○『最期の願い どうする 自宅での看取り』 26分
   製作:(株)映学社

  ○『よみがえる文明開化 登録有形文化財 旧片岡家住宅主屋 再建記録』 59分
   製作:(株)ドキュメンタリー工房

  ○『MUSICA 宇宙はなぜ美しい?』 26分
   製作:(有)ライブ、山梨県立科学館

  ○『わこう村 和光保育園の子どもたち 子どもが主役の子ミュニティ保育』 60分
   製作:(株)グループ現代 クライアント:(一財)日本児童教育振興財団

  ○『ノーマン・ザ・スノーマン 〜北の国のオーロラ〜』 25分
   製作:太陽企画(株)、エクスプローラーズ・ジャパン(株)

<パーソナル・コミュニケーション部門>

部門優秀賞

  ○『拝啓アトム』 39分
   吉池巨成(日本大学芸術学部映画学科)

  ○『原発被災地になった故郷への旅 −福島県南相馬市−』 30分
   杉田このみ

  ○『ふざけるんじゃねえよ』 40分
   清水俊平(多摩美術大学造形表現学部)

  ○『マシュマロ×ぺいん』 40分35秒
   ふくだみゆき

  ○『ジンノーシャ ア』 19分
   リャオ・チン(早稲田大学 大学院国際情報通信研究科)


《特別表彰》

審査員特別賞

  『はじめ嬉しく、あと悲し 〜十代の若ものたち、青春の軌跡〜』 94分
  製作:(株)ユニモト


優秀企画賞

  『リクナビが君にできること』 3分30秒
  製作:(株)電通テック クライアント:(株)リクルートキャリア 代理店:(株)電通

  『世界をかえる情熱。』 10分32秒
  製作:(株)ティー・ワイ・オー クライアント:丸紅(株) 代理店:りえぞん企画(株)

  『子どもたちへの贈り物 Our ALTs and ourselves』 16分
  製作:(株)インタラック

  『新宿に生きた縄文人 -市谷加賀町二丁目遺跡の発掘-』 23分
  製作:(株)日映企画 クライアント:新宿区

  『誠実は世界に通じる 水痘ワクチン開発物語』 45分
  製作:(株)電通テック 関西支社 クライアント:(一財)阪大微生物病研究会 代理店:(株)電通 関西支社

  『映画『仁義なき戦い』を書いた男 脚本家・笠原和夫 創作の記録』 43分
  製作:(株)WOWOW、東映(株)、(株)アマゾンラテルナ

  『灯り続けた街の明かり みちのくの医師の信念』 44分
  製作:Digital Sound Design SEGAWA、永井プロジェクト、シネバザール


パーソナル・ドキュメンタリー賞

  杉田このみ、志賀泉
  (「原発被災地になった故郷への旅 −福島県南相馬市−」)


優秀クリエイター賞

  上坂浩光((有)ライブ)
  (「すばる望遠鏡 Hyper Suprime-Cam」、「MUSICA」演出)

(敬称略)

TOPへ戻る↑
Copyright© 公益社団法人映像文化製作者連盟 All Rights Reserved.