技術委員会

委員長、委員3名

映像製作に関する最新技術の情報収集に努め、新しい映像製作技術を会員のみならず、広く一般に提供する技術セミナーを開催しています。
平成28年度は、技術委員会を3回にわたって開催し、テーマと講師を検討、技術セミナー「今知っておきたい4K+HDRの現状と未来」を開催しました。


■技術セミナー

テーマ:2018年秋には高精細な4K画質の本放送が始まり、“4K元年”とも言われている。
    本格的な4K撮影や編集がある一方で簡易な方式もあり、4Kに対する理解は様々である。
    知っているようで知らない4Kについて、撮影から編集、将来について、
    今ある4Kの最新の技術とともにこれからの展望についても伝える。 
日 時:2月8日(水)第1回13時30分~15時30分、第2回16時~18時
会 場:ソニーPCL株式会社 本社1階 試写室 CineLaPista(シネラピスタ)  
受講料:一般4,000円(税別)、会員3,500円(税別)
参加者:67名

技術委員会 写真1

Ⅰ. 改めて、今。 4K時代の撮影設計の立て方 (40分)
     講師:磯貝昇利氏(撮影監督、日本映画撮影監督協会)
     ・4K映像事例紹介
     ・何はなくても「撮影設計」
     ・適切な機材選択の知識と運用(実写比較)
Ⅱ. 4K映像の編集/カラーグレーディングについて(40分)
     講師:岡野太郎氏(Blackmagic Designテクニカルサポート部マネージャー)
     ・各種4K編集ソリューションについて
     ・編集/カラーグレーディングのデモンストレーション

技術委員会 写真1

Ⅲ. 4K制作の現在と将来について(30分)
     講師:諏佐佳紀氏(ソニーPCL 技術部門 テクニカルディレクター)
     ・4K/HDR映像の事例紹介
     ・今の技術を活用してどうなっていくか